かんぽ 生命 保険 の 不正 販売 問題。 かんぽ生命保険の不正販売問題のまとめ~2重契約や無保険

NHK審議委 かんぽ報道巡る会長注意の議事録開示を再び答申

生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正 生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正

📱 しかし、なぜか、新たな保険に入っても 古い保険を、解約せず、半年以上も解約を先に延ばして その間、保険料を二重に払っているケースが多数見つかった。 あるいは、過去の罪は西川にのみあって、横山に責任はないと判断したのか。

まず、さきほど説明した18万件については、 会社側として、直接、契約者を訪問するなどして重点的な調査を行います。 そして、その調査の内容をかんぽ生命の専門のチームが分析して 問題であることが確認できれば、不利益の解消をする。

かんぽ生命の保険は加入してはいけない?顧客が「もらえる保険金」より「払う保険料」が多い

生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正 生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正

❤ 郵便局で保険担当の営業社員として15年間働いてきました。 新規に顧客を開拓するのはとても大変なので、既存のお客様に営業をかけ、保険を切り替えることで営業成績を稼いでいたようです。

11
職員は、お給料をもらって生活をしている、いわゆる「会社員」です。

「あなたも対象? 広がる『かんぽ不正』」(くらし☆解説)

生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正 生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正

😝 かんぽ生命が記者会見で謝罪 かんぽ生命保険の不正販売問題で顧客に多大な不利益を与えていた問題で、2019年7月10日に日本郵政グループが記者会見を開きました。 日本郵便では、内部規定で、新しい保険を契約後、6カ月以内に旧保険を解約したケースを「乗り換え」と定義し、契約した局員に支払われる手当金や営業実績は「新規契約の半分」と規定していた。

1
これらの各所からの指摘に対しては、日本郵便も、改善策として、2017年度から、80歳以上の顧客と契約を結ぶ際、必ず家族にも保険内容を説明するルールを導入。 このうち、法令違反は約1400件にのぼるという。

【かんぽ不正】日本郵便横山社長の姿勢への重大な疑問~「日本郵政のガバナンス問題」としての保険不適切販売問題

生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正 生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正

☮ 指摘され続けていたかんぽ保険の不適切販売 郵便局員の不適切な保険販売の問題への指摘は、今に始まったことではない。

13
会長ら執行部を監督する経営委では、石原進委員長(JR九州相談役)が15日、昨年10月23日の会長への厳重注意の経過を報道陣に説明した。 執行部に対しても「郵政側の圧力による続編延期を、取材不足での自主判断と強弁している。

ゆうちょ銀・かんぽ生命が不適切販売、日本郵政は信頼できるか:日経ビジネス電子版

生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正 生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正

✌ 民営化後、過剰なノルマや成績至上主義が郵政グループ全体に広がっていたとして、「過剰なノルマで社員を締め付けてきた結果、自爆営業や不正販売が行われてきました。 つまり、もらえる保険金より支払う保険料のほうが多くなってしまうのだ。

1
その横山氏は、社長就任後、2018年に日本郵政グループの中期経営計画で、生命保険業について「保障重視の販売、募集品質向上による保有契約の反転・成長」を打ち出していた一方で、その1年も後になって、目標の体系が実態にふさわしいのかどうかという疑問を持ち始めた、それまでは、現場の状況に気づかなかったというのである。 かんぽ生命の植平光彦社長が謝罪しています。

かんぽ生命の保険は加入してはいけない?顧客が「もらえる保険金」より「払う保険料」が多い

生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正 生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正

♻ 郵便収益が低迷する中、日本郵便にとってもかんぽ生命からの販売手数料などが大きな収入源となっており、郵便局の現場での無理な営業につながったとみられる。 両方合わせると4時間に及ぶ会見となりました。

15
郵便局のかんぽ生命は安心なイメージがありましたが、民営化に伴い営業利益を追及姿勢となり、顧客の利益を考えずに保険を販売していたことが発覚しました。 そして、こうしている間にもたくさんのお客さまがだまされ、被害が出ているのが現場です」とつづった。

日本郵便かんぽ不正の裏側/どう喝30分 ノルマ迫る/毎日目標・懲罰研修…容赦なし

生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正 生命 問題 の かんぽ 販売 保険 不正

😈 最終的に弱かった」と批判する。 ~郵便局員たちの告白~」と題してこの問題を特集した。

17
だが、一連の抗議は結果的に「言いがかり」(野党議員)になった。